医療系の転職の基礎知識

2014年10月13日 / 未分類

椅子と絵画と花医療系の転職の基礎知識として挙げられるのは一つは、看護師です。病人の看護や療養などの世話、医師の医療のサポートをします。看護師になるには国家資格が必須の仕事ですが、准看護士の資格を取り実務経験を得て看護師になる人もいます。二つ目は医師です。医者は大きく分けて臨床医と研究医があります。その大半が患者を直接診察する臨床医で処方箋の作成や診断書の掲載まで行っています。それに比べて研究医は、病気の原因など専門的な分野の基礎研究を行っています。この二つは求人が比較的多いので転職する人は医療系の基礎知識として頭に入れておくことをお勧めします。三つ目は、介護スタッフです。介護スタッフはさまざまな医療施設や福祉施設で身体介護をする人のことをいいます。勤務先によって介護職員、ケアワーカー、ヘルパーなど名前が変わります。主な仕事は食事、排泄、お風呂のサポートや掃除の手助け、その他心理サポートも行っています。細かな心遣いが求められます。四つ目は、ホームヘルパーです。ホームヘルパーは施設または家庭に訪問して要介護の高齢者や障害者のケアを行います。一日数時間訪問して働く以外にも一日数回、短時間出向く巡回型などがあります。日常生活にかかわる仕事を全般にすることが多い仕事です。五つ目は、助産師です。助産師とは妊婦の出産補助や赤ちゃんの保育指導を行う人のことです。出産は妊婦や赤ちゃんに大きなリスクを背負っているものです。助産師は出産に関する高い知識と補助経験を必要とします。そして赤ちゃんが無事に産まれてくるよう手助けをします。この他にも医療系の転職の基礎知識として知ることはもっとたくさんあります。どの医療系の職業もほとんどは資格が必要です。なので医療系の転職の基礎知識として頭に入れておいてください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る